目の下のクマ治療!ハムラ法や裏ハムラ法の治療内容・治療費の相場を紹介!
  1. 【目の下のクマ治療④ハムラ法・裏ハムラ法】治療内容や治療費の相場

目の下のクマ治療方法で注目のハムラ法や裏ハムラ法について紹介!

目の下のクマハムラ法・裏ハムラ法治療の内容

目の下のクマハムラ法・裏ハムラ法治療の内容

目の下のクマを治療する方法としてポピュラーなのが「ハムラ法」と「裏ハムラ法」です。切開手術となるため費用はかなり高額ですが、効果は半永久的なものが見込める上、信頼のおける医師による施術なら見栄えも良いので人気があります。

ハムラ法と裏ハムラ法では下瞼の脂肪を移動させます。しかしその方法には大きな違いがあって、ハムラ法では下瞼を切開しますが、裏ハムラ法では切開を行いません。裏ハムラ法の場合、経結膜眼窩脂肪移動術という方法を使うので、皮膚の切開そのものは行わないんです。この手術では下瞼の裏側から脂肪の位置を下にずらすことで凹みを目立たなくします。

この点で身体にかかる負担に差が出てきます。効果としてはハムラ法の方が裏ハムラ法よりも高くなります。

目の下のクマハムラ法・裏ハムラ法治療の費用相場

相場はハムラ法、裏ハムラ法のどちらもかなり高額です。でも1回の施術だけで半永久的な効果が得られることを考えると、この価格を高いと考えるか安いと考えるか、私たちの悩みの度合いによって変わってきそうですね。

治療法 相場 持続期間
ハムラ法 300,000円~500,000円 10年以上(半永久的)
裏ハムラ法 300,000円~500,000円 10年以上(半永久的)

目の下のクマハムラ法・裏ハムラ法治療のメリット・デメリット

高額な代わりに確実な効果を得やすいハムラ法と裏ハムラ法のメリットとデメリットをまとめるとこのようになります。

各治療法のメリット
ハムラ法 ・脂肪注入と違い脂肪が体内に吸収されないため効果が半永久的に続く
裏ハムラ法 ・ハムラ法に比べてダウンタイムが短い
・切開を行わないので痕が残らない
各治療法のデメリット
ハムラ法 ・下まつげの生え際に切開痕が残る
・ダウンタイムが2週間程度とやや長い
・熟練した医師による施術でないと眼瞼外反になる危険がある
裏ハムラ法 ・下瞼に凹みが出ることがある
・下瞼が下がってしまうことがある
・脂肪が固くなることがある

ハムラ法、裏ハムラ法いずれも治療を受けて無事成功すれば一定の効果は見込める手術です。高額な費用を出しても長い目で見て釣り合うと感じられる人も多いと思います。

しかし、その成功の鍵を握るのは医師の熟練度だということは絶対に忘れてはいけない部分です。これらの治療は失敗すると修正が難しいといったリスクがあります。医師の実績やカウンセリングでの説明など、自分でよく情報を集めて判断していかなければいけません。

私はハムラ法や裏ハムラ法について調べていたとき、もっとデメリットやリスクの少ない治療法を選ぶことができたら・・・と思って恵比寿美容クリニックの炭酸ガス治療に行き着きました。効果もさることながら、安心して受けられるということにかけてはピカイチなのでおすすめです。

PAGE TOP